受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

        装飾
画像 画像

受付時間 9:00 〜 18:00(月〜金)

メールでのお問合わせ

キャッチ

様々な技法で機能改善・回復を図り、
在宅での療養をサポートします。

国家資格を持つマッサージ師が
訪問リハビリマッサージをいたします

訪問リハビリマッサージとは

身体介護が必要な方や運動機能に制限があり、病院への通院が困難(介助通院を含む)でリハビリが十分に受けられない方を対象に、 身体機能の維持・向上を目的として、国家資格を持った施術者(マッサージ師)がご自宅や入居施設に訪問し、医療マッサージを行う サービスです。

医療保険(健康保険)が適用となる為、健康保険の自己負担割合のみでご利用頂けますので介護保険の限度額を気にせずにご利用頂けます。(医師の同意に基づき施術を行います。)

画像

対象となる方

筋肉の麻痺や関節の拘縮、運動機能障害などの症状があるため、歩行が困難で病院や治療院へ通院するのが大変な方となります。 寝たきりの方も対象のご利用者様となります。

施術内容

画像

浮腫の改善

浮腫は筋力低下、運動不足などから日常的に起こるもので、気づかないうちに発症しているかもしれません。浮腫の原因や施術について詳しく説明します。

詳しくはこちら
画像

脳梗塞による後遺症の緩和

脳梗塞の後遺症は人それぞれ様々な種類があり、緩和するには適切なケアが欠かせません。関節のマッサージから、日常生活に必要な筋力維持の運動まで一人一人の症状に合わせたケアを行なっています。

詳しくはこちら
画像

パーキンソン病の改善

パーキンソン病は決して珍しい病気ではなく、日本では現在、約15万人の患者さんがいると言われています。50代頃から症状が見られ、年齢とともに患者さんが増加する傾向にあります。近年、身近な病気になりつつあるパーキンソン病について詳しく解説しています。

詳しくはこちら
画像

変形性関節症の改善

近年、健康で自立した生活を送ることができる期間、いわゆる「健康寿命」が注目されています。変形性関節症など、運動器の症状をそのままにしておくと、歩く、座る、立ち上がるといった日常生活の動作に支障が出始めます。ここでは変形性関節症の原因や施術について、解説しています。

詳しくはこちら
画像

拘縮の改善

関節が拘縮(こうしゅく)すると、着替えや排泄などの日常生活が困難になるだけでなく、廃用性による骨折を引き起こすなど、介護・看護者の負担も大きくなります。このため、拘縮を作らないよう、また悪化しないように普段から予防していくことが大切です。

詳しくはこちら

お知らせ

ブログ

ラーメン大好き大木さんⅡ!!

こんにちは、アッサムで相談員しております 大木 勝一です。今回は、友達に会いに新潟へ遊びに9月17日から三連休を使って行きましたので、ご当地の食べ物や、私の好きなラーメンをご紹介致します。 鳥の半身揚げ 新潟ご当地の半身揚げ、味はほのかなカ…
もっと見る

今日、挑戦しなくてどうするの?

ハートナー国立事務の鈴村です。 小さな秋を探しに近くの大学通りを歩いてみました。 コスモスですかね。橙色の花があちこちに咲いていました。 私はインドアなので日頃から写真を撮る事がほぼありません。 以前健康診断でこれ以上太らないでと医師に言わ…
もっと見る

夏の疲れを吹き飛ばそう!!

暑いというより危険な感じさえする この頃ですが、 皆さまいかがお過ごしでしょうか。お世話になっております。 アッサム ハ-トナ-の相談員の原です。 営業で廻っていて、暑い中 励まされるモノ・事などを紹介します。 自然の力 これは街路樹のサル…
もっと見る

御朱印再び

4年ごとはオリンピック、7年ごとは・・・『御開帳』ということで5月に新幹線に乗り信濃善光寺(長野県)へ、6月に車で甲斐善光寺(山梨県)へ行ってきました。 信濃善光寺には毎回7年毎に行っていましたが、甲斐善光寺には前回より行くようになりました…
もっと見る

休日の過ごし方

今年1月末にアッサムハートナーに入社致しました、事務の豊中と申します。 丸4カ月になり、大分仕事にも環境にも慣れて来ましたが、まだまだ未熟者につき精進しています。 さて、ブログなんぞと言うものにはついぞご縁が無く、アナログが得意な私です(鉛…
もっと見る

ART巡り

相談員をしています。屋鋪です。 すっかり温かくなり、お出掛け日和が増えましたね。 私はART全般が好きなので、興味を惹かれた展示には足を運ぶようにしています。 ARTに触れると人間の可能性であったり、前向きな気持ちになれて、見終わった後はと…
もっと見る

医療関係者の方へ

画像
           

私たち株式会社アッサム訪問マッサージハートナーでは、脳梗塞や脳出血などの後遺症で麻痺や拘縮がある方。パーキンソン病やALS(筋萎縮性側索硬化症)、脊髄小脳変性症、リウマチ などの難病でお悩みの方。長い治療生活で廃用症候群が進み、筋力低下や関節拘縮が著しい方。こうした慢性・維持期の患者様を対象に在宅での医療マッサージを提供する専門家です。

医療や介護サービスと組み合わせてご利用いただくことにより、利用者様のQOL、ADL向上に寄与できるものと自負しています。医師をはじめ看護師やケアマネジャー、ヘルパーの皆様にご理解いただき関係機関と積極的に連携をとりながらチーム医療の一員として社会貢献していきたいと思います。

サービス内容や詳しいご利用方法についてはお気軽にお問い合せください。